鉄道被服研究会

会の沿革

鉄道被服研究会

ちばらぎ鉄道管理局

鉄道被服研究会

1992/10 のちに会の母体メンバーとなる数名がラジオ番組関連イベントで初会合。
1992/12 上記メンバーがコミックマーケット43晴海会場にて鉄道制服の着用による着合せに初参加。
1995/05 メンバーMがパソコン通信「NIFTY-Serve」鉄道フォーラムに加入したことでフォーラム内で鉄道制服を愛好するユーザーによる情報交換が始まる。
1998/07 鉄道制服に興味を覚えるメンバー数が固定化したことから名称を「鉄道被服研究会」に定め、有志によるコミックマーケット等への同人活動を開始。
2001/01/01 20世紀最後の大晦日から元旦にかけて函館青森東京長崎に保存繋留されている元青函連絡船による汽笛のリレーが行なわれた際、元乗組員と共にメンバーM、K、Iの三名も参加し羊蹄丸係留岸壁にて船舶制服着用の上、汽笛吹鳴と同時に挙手の礼を実施。この模様は「ゆく年くる年」のほか、テレビラジオ等のメディアに多数紹介された。
2002/08/17 8月1日から函館港で保存係留されている元青函連絡船摩周丸で開催中の「摩周丸の夏フェスタ2002」で行なわれた元乗組員による出入港模擬操演が開催された際、メンバーMは事務部員役として給仕用ボーイ服を着装の上、出港前銅鑼打ちを奏演。
2003/12/29 コミックマーケット65にサークル名「板橋船渠」として「国鉄被服読本・公共企業体発足以降の国鉄被服」を頒布。当時は国鉄制服に関する実物資料や文献の乏しさにより日本国有鉄道100年史(昭和49(1974)年刊)から多くを参考にした。
2004/08/14 コミックマーケット66にサークル名「板橋船渠」として「国鉄被服読本・昭和戦前期の国鉄被服」を頒布。
2006/03/12-26 函館駅2階・イカすホールで会として初となる鉄道制服展示会「懐かしい昭和の国鉄制服展」を開催。マスコミ取材を機に各方面から同会への問い合わせ等が始まる。
2006/06 製作配給ジェイ・ストーム、監督犬童一心、脚本市川森一、主演嵐による劇場用映画「黄色い涙」に於ける昭和38年ころの国鉄職員の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。エキストラ派遣、衣装協力、アフレコの他、九段会館・大井川鐵道ロケ時に所作指導等を実施。(平成19(2007)年4月全国上映、同年10月DVD発売)
2008/12 製作配給東宝、原作松本清張、脚本監督犬童一心、主演広末涼子による劇場用映画「ゼロの焦点」に於ける昭和32年ころの国鉄職員・赤帽・日本食堂・弘済会職員等の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。エキストラ派遣、衣装協力、アフレコの他、大井川鐵道ロケ時に所作指導等を実施。(平成21(2009)年11月全国上映、平成22(2010)年6月DVD発売)
2009/10 企画制作忠叡、監督脚本高橋伴明、主演萩原聖人による劇場用映画「BOX・袴田事件・命」に於ける昭和41年ころの国鉄職員の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。衣装協力、アフレコ等を実施。(平成22(2010)年5月より全国上映、平成22年11月DVD発売)
2012/08 製作配給東宝、原作妹尾河童、監督降旗康男、脚本古沢良太、主演水谷豊・伊藤蘭による劇場用映画「少年H」に於ける昭和16年~20年ころの国鉄職員の制服所持品、および世情風俗に関する考証スタッフとして参加。衣装協力、車内・駅アナウンス等のアフレコ時に演技指導を実施。(平成25(2013)年8月全国上映、平成26(2014)年2月DVD発売)
2012/09 製作WOWOW、原作谷村志穂、監督篠原哲雄、主演夏川結衣・志田未来による衛星放送ドラマ「尋ね人」に於ける昭和29年ころの国鉄職員および船舶職員の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。エキストラ派遣、衣装協力、アフレコの他、青函連絡船摩周丸ロケ時に出港前銅鑼打ちを奏演。(平成24(2012)年11月3日衛星放送放映)
2013/02 テレビ朝日55周年記念2夜連続ドラマスペシャル、制作テレビ朝日・角川書店、作奥田英朗、監督藤田明人、主演竹野内豊による地上波テレビドラマ「オリンピックの身代金」に於ける昭和39(1964)年7月~10月当時の国鉄職員・赤帽・日本食堂・弘済会職員等の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。エキストラ派遣、衣装協力、アフレコの他、門司港駅ロケ時に所作指導等を実施。(平成25(2013)年11月30日・12月1日地上波放映)
2014/05 NHKスペシャルドラマ「妻たちの新幹線」に於ける昭和39(1964)年7月~10月当時の国鉄職員(技術職)の制服所持品や世情風俗に関する考証スタッフとして参加。衣装協力、文章による所作指導等を実施。(平成26(2014)年10月25日地上波放映)
2019/08 テレビ東京製作、出演池上彰「池上彰の現代史を歩く」に於ける昭和29(1954)年9月洞爺丸台風時の国鉄船舶職員および乗客の制服所持品衣装に関する考証スタッフとして参加。番組内の再現ドラマパートでの衣装協力、文章による所作指導を実施。(令和元(2019)年8月25日地上波放映)
2020/04/01 国鉄被服研究サークル「ちばらぎ鉄道管理局」と統合(存続サークル:鉄道被服研究会)。「てつ」がサークル主宰を承継。
2020/11/14 「Booth」による頒布物の通信販売を開始。
2020/12/30 オンラインイベント「エアコミケ2」に参加。「国鉄 腕章図鑑」を頒布
2021/03/28 イベント「おもしろ同人誌バザール10」に参加。

ちばらぎ鉄道管理局

2013/08/11 コミックマーケット84において、初の冊子「国鉄の制服 昭和後期の接客制服編」を発行。(2015年8月、2016年8月に重版)
2013/12/31 コミックマーケット85において、冊子「鉄道公安官の制服」を発行。(絶版)
2015/08/14 コミックマーケット88において、冊子「国鉄の制服 昭和後期の非接客制服編」を発行。(2016年8月に重版。絶版)
2016/08/14 コミックマーケット90において、冊子「国鉄の制服 戦後~昭和中期の制服・作業服編」を発行。(2018年8月に改版)
2016/12/30 コミックマーケット91において、冊子「服装の変遷でたどる 鉄道公安の40年」を発行。(2018年8月に改版)
2017/03/01 雑誌「新幹線エクスプローラ」Vol.42(イカロス出版)に記事「新幹線乗務員のワッペンと制服」を寄稿。
2017/08/12 コミックマーケット92において、冊子「国鉄の制服 戦後の女子職員編(概説)」「「碓氷と彼女とロクサンの。」ドラマCD細うで監修記」を発行。(いずれも絶版)

バーニア600」氏の同人ドラマCD「碓氷と彼女とロクサンの。~最後の夜=始まりの灯~」(主演:五十嵐裕美・沼倉愛美・阿澄佳奈・加隈亜衣ほか)の制作に協力(シナリオ監修及びアフレコの支援)。
2017/12/31 コミックマーケット93において、冊子「「碓氷と彼女とロクサンの。最後の夜=始まりの灯」音源取扱心得」を発行。(絶版)
2018/12/31 コミックマーケット95において、冊子「国鉄の制服 昭和戦前編」を発行。(絶版)
2019/08/12 コミックマーケット96において、冊子「国鉄の制服 船舶職員編 1.図説の部」を発行。(絶版)
2019/12/31 コミックマーケット97において、冊子「国鉄の制服 船舶職員編 2.史料の部」を発行。
2020/03/31 鉄道被服研究会に統合。